読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

todojunの音楽ブログ

最新のオススメJ-POPの紹介を中心に音楽について語ります。

2014年10月度マイベスト10

サブコン

サブコンというJ-POP投票サイトの企画のうち、2014年10月度の1次投票で投票した曲を紹介します(曲名の左の番号が投票順位です)。

 

1.さよならのいきもの/GOOD BYE APRIL

美しい曲という言葉がふさわしい曲です。別れの切なさも全体から漂ってきて何とも言えない気持ちになります。彼らからは、「パレードが呼んでる」という曲からセンスの良さを感じていましたが、この曲でさらにその才能の新たな一面が見れました。

 

2.それぞれ歩き出そう/阿部真央

語りかけるような歌い方がなんだかほのぼのとした気持ちにさせてくれます。純真な歌詞もじわじわと心に響いてきます。彼女は、「モットー」のような力強さが魅力だと思っていましたが、こういう曲も見事に歌えるのが幅の広さを感じます。

 

3.レインコート/Split end

シンプルな歌詞に重厚なロックのサウンドが聴いていて不思議と心地よいです。3:00からの盛り上がり方も気持ちいいです。この曲の入ったミニアルバムがほぼデビューミニアルバムとなっているようですが、今後に期待が持てそうです。

 

4.いたちごっこ/チャットモンチー

コテコテのロックのイメージが強かったので、どちらかというとポップ調なこの曲にやや違和感はありましたが、サビのメッセージのある歌詞がとても強烈でした。締め方はさすがですね。チャットモンチーは以前からかっこいいロックが好きでよく投票もしていましたが、先日久しぶりにライブビデオを観たらあまりのカッコ良さに痺れました(完璧な3ピースロックバンドといった感じ)。このときのドラムの方が脱退してしまったのは残念ですが、今後とも精力的に活動を続けていって欲しいです。

 

5.Spark in the end/LEGO BIG MORL

重厚なカッコいいロックです。サビの裏でピコピコと鳴っているシンセサイザーの音が気持ちいいです。このカッコ良さは「Lightning/ストレイテナー」に通じるところがあります。「溢れる」のような軽快なロックや、「Re:Union」のような骨太バラードも作っており、幅広い才能を持っていますね。

 

6.Follow Me/Schroeder-Headz

景色が見えるような叙情的なインスト曲です。「曲を作っている」ではなく「曲で表現している」という言葉がしっくりくる曲です(動画はショートバージョン)。

 

7.例えばあのとき君と出会ってなかったとしたら/Rails-Tereo

聴けば聴くほど味が出てくる曲で、投票時よりもどんどん評価が上がっています。偶然の出会いをこれだけシンプルに臭くならずに歌いあげるのは実はすごい能力だと思います。

 

8.Empty/セカイイチ

肩の力が抜けたお洒落ロックです。聴き手にスッと入ってくる力の抜けた曲というのは想像以上に作るのが難しいと思うのですが、あまりに自然に作られているのがすごいです。大御所的な雰囲気が漂っています。セカイイチは「Step On」のような重厚なロックが得意という印象です。

 

9.BF/moumoon

最近のmoumoonは独自なお洒落ロックな道を突き進んでいるという感じがします。「Jewel」がまさにそうですが、「I'm Scarlet」のようなお洒落なだけでない本格的な曲も作っています。この独自色は好きなのでこれからも期待しています。

 

10.あの頃の風/空団地

哀愁漂う故郷ソングです。こういう心が洗われる曲は今の時代にとてもいいですね。